ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

TOEIC まとめ・ランキング記事 リーディング 技能別

【これで完璧!】最強のTOEIC長文対策をTOEIC800点Overの私が紹介!

こんな方はいらっしゃいませんか?

  • TOEICの長文で中々点が取れない…。
  • TOEICの長文の対策方法がイマイチ分からない…。
  • 長文で点を稼げるようになりたい!

 

確かにTOEICの長文パートは、英語上級者にとってもかなり難しいといっても過言ではないでしょう。

TOEICの長文が難しい理由としまして、

 

  • 読む量が圧倒的に多い
  • 単語が難しい
  • 時間が足りないがあまり焦ったり集中できなくて読めない

 

この3点が主な理由かと思います。

TOEICの長文パートは、本当にたくさんの英文を読まないといけないです。

 

ご存知かもしれませんが、TOEICのリーディングは全部で100問の問題があります。

その中の53問が長文読解の問題で構成されています。

問題の半数以上が長文問題ということが分かりますよね…。

これは大変ですね…。

特に、TOEICの勉強を始めたばかりの方は苦痛に感じることでしょう。

 

私自身、TOEICの長文を勉強したり問題演習することがかなり苦痛だったことを覚えています。

その際のTOEICの点数は、420点でした…。リーディングセクションでも200点を超えることすら出来なかったことを鮮明に覚えています。

 

そんな状況の私でしたが、試行錯誤をするうえで、

TOEICでは825点を取得することが出来ました!ちなみにリーディングセクションは405点という点数でした。

リーディングで400点を取得するには、長文対策をしないとほとんどの確率で達成することが出来ません。

 

では、私はどのようにTOEICの長文対策を行ったのでしょうか?

 

そこで今回は、TOEIC長文対策で最強の勉強方法を紹介していこうと思います!

これから紹介する勉強方法を完璧に実践することが出来れば、TOEICのリーディングで400点以上を取得することも可能です!

もっと言うならば、リーディングで450点付近も狙えちゃう方もいらっしゃるかもしれません!

 

長文対策で行き詰っている方や上記に当てはまる方は必見です!

ぜひとも参考にしてみてください!

 

 

勉強方法を紹介する前に皆さんが疑問に思うことを紹介!

 

TOEICを勉強している方が必ずと言っていいほど思う疑問点が、

 

『長文問題って最後まで読めるのか?』

 

このような疑問点を抱く方が絶対いると思います。

そのような方へ結論を申し上げると、

 

英語上級者でも最後まで読むことは難しいです…。

 

私自身、大問190くらいまでは読むことが出来ましたが、後の10問は塗り絵状態です…。

そのような状態でもTOEICのリーディングセクションでは405点を取れているので、

リーディングセクションで400点前後や、それ以下を目標としている方は、最後まで読むことにこだわる必要はないのかなと思います。

逆に、リーディングセクションで満点近くを取りたいという方は、最後まで読めるに越したことはないでしょう。

 

つまり、私が言いたいことは

 

最後まで読めなくてもリーディングセクションで400点前後なら取得することは十分可能ということです。

 

ぜひ頭の片隅に豆知識として入れておいて頂けると嬉しいです。

それでは早速、私がTOEIC長文対策で実際に行った勉強方法を一挙紹介していこうと思います!

紹介する順番通りに勉強して頂くのがベストかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

勉強方法その0=単語を暗記する

 

単語を暗記することは、TOEICの長文を解くうえで必須の勉強と言えますので、『勉強方法その0』ということで紹介させてください!

単語を覚えないと、

 

  • 何が問われているのか
  • 何が本文中に書かれているのか

 

これらが全く分からなくなります。

少しでもいいので毎日コツコツ英単語の勉強は行っておきましょう!

 

詳しい単語の勉強方法やおすすめの単語帳は、以下の記事で紹介していますので、

ぜひそちらの記事を参考にしてみてください!

【これで完璧!】最強のTOEIC英単語学習方法を海外大学生が紹介!

 

【2021年版】TOEIC600点レベルを目指す方におすすめの参考書12冊選!

 

 

 

勉強方法その1=時間通りに問題を解く

 

いきなり当たり前なことを申し上げたかもしれませんが、

まずは、問題を解くということをしましょう!

問題を解かないと、何も始まりません。

 

そこで重要視して頂きたいのこととしまして、

時間を計って問題を解いていきましょう!

出来るだけ本番の試験と同じように解くことが重要なポイントの1つです。

 

 

勉強方法その2=答え合わせの前に時間無制限で問題を解く

 

先ほども申し上げたのですが、TOEICの長文は時間内に最後まで読むことが難しいです。

つまり、TOEICは時間との勝負というわけです。

 

その時間に縛られた自分の成績と時間に縛られていない自分の成績を可視化するために、答え合わせの前に時間無制限で解いていきましょう!

 

ネタバレなのですが、正直TOEICの長文対策で大事なことは、この2つの成績のギャップを埋めていく勉強なのです。

詳しく言うと、時間無制限で解いた成績は、あなたが本来持っている英語力を表した成績です。

しかし、時間制限の中解いた成績は、TOEICの試験に慣れていないが上に出た成績なわけです。

 

おそらく、時間無制限で解けるならTOEICの長文は、正直そこまで難しくないかと思いますので、よく読めば正解できる可能性が高いです。

 

つまり、時間をかけてよく読めば正解できる数を時間制限内で出せるようにすることが、TOEICの長文で得点を取るために必要なことなのです!

その指標を知るために、時間無制限で同じ問題を解いていきましょう!

正直めんどくさいかもしれませんが、TOEICの長文で点を取るためですので頑張っていきましょう!

 

 

勉強方法その3=答え合わせをする

 

この段階で答え合わせを行いましょう!

そして、時間制限ありで解いた場合の解答と時間制限なしで解いた場合の回答を比べるということを必ずしてみましょう。

先ほども紹介しましたが、時間制限なしで解いた場合の英語力が、あなたが持っている本当の英語力です。

 

 

勉強方法その4=分からなかった問題を分析する・調べる

 

問題を解いていて分からなかった問題や間違えた問題を

 

  • なぜ間違えたのか
  • 自分に足りなかった知識は何なのか

 

この2点を分析していきましょう!

 

例えば、単語の意味が分からなかったから間違えたのであれば、単語の意味を知る必要があるので、

問題文で使われている単語を調べてみたり、本文中の答えにあたる文の中にある単語を調べてみるなどを調べるといいかと思います。

 

間違えた理由によって何をすべきなのかは違いますので、その点は自分で考えたり分析してみていきましょう!

 

 

勉強方法その5=分析によって得られた知識をノートなどにまとめる

 

分析したり調べて分かった単語などの知識を、ノートにまとめることをおすすめします!

ノートにまとめることによって、

 

  • 自分に足りない知識が明確になる
  • 復習の効率が劇的に上がる

 

この2点の効果があります。

このノートの内容を完璧に覚えることが出来れば、もう一度同じ問題を解いたときに満点が取れるという内容のノートを作ることを目標にしましょう!

 

 

勉強方法その6=ノートに書いた内容を定期的に復習する

 

ノートに書いて満足というわけにはいきません!

ノートに書いた知識を身につけることがゴールなので、定期的に復習を行うようにしましょう!

復習する周期なのですが、『エビングハウスの忘却曲線』の実験結果を参考にするといいでしょう!

エビングハウスの忘却曲線の内容も、単語学習の方法の記事で紹介しています!

ぜひそちらの記事をご覧ください!

【これで完璧!】最強のTOEIC英単語学習方法を海外大学生が紹介!

 

 

勉強方法その7=勉強方法その1~6を繰り返す

 

後は、今まで紹介してきた勉強方法を繰り返していくだけです。

勉強を進めていけば進めていくほど、勉強する内容は増えていきます。

大変ではありますが、その勉強をこなすことが出来れば、目標点を達成できるということを信じて、モチベーションを保って勉強頑張っていきましょう!

 

以上が勉強方法です。

 

ここからは、私がおすすめする長文対策の参考書を紹介していこうと思います!

どれもかなり優秀の参考書だと思いますので、

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

おすすめの参考書その1=TOEIC究極ゼミPart7

 

まずおすすめする参考書は、この『TOEIC究極ゼミPart7』です。

この参考書は、Part7に特化した参考書となっています。

それゆえ、長文の解き方や正解のポイントをかなり詳しく説明してくれています。

最後には、本番形式の模試が付いていますので、実力を測ることも出来ます!

長文対策する方にとっては非常におすすめの1冊です!

 

 

おすすめ参考書その2=公式問題集

 

皆さんご存知の『公式問題集』もおすすめできる参考書の1つです!

この参考書を使うことで、本番さながらの問題演習することが出来ます

さらに、公式問題集は最新傾向の問題を掲載していますので、本番の傾向に近い問題で長文対策を行いたいという方は、おすすめできる1冊となっています。

 

 

私自身、公式問題集を使ってTOEIC対策を行っていました。

その際のレビュー記事や感想をまとめた記事がございますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください!

TOEIC公式問題集7を実際に使ってみての感想&レビュー!問題の難易度も紹介!

 

 

おすすめの参考書その3=新形式精選模試リーディング

 

新形式精選模試リーディングという参考書もおすすめできる参考書の1つです。

おすすめできる理由としまして、

 

  • 本番形式の問題を解くことが出来る
  • クオリティーの高い問題を解くことが出来る

 

この2点が主な理由です。

新形式精選模試リーディングは、公式問題集に比べて難しめの問題が掲載されています。

なので、ある程度英語力がある方がこの参考書に取り組むのがいいかと思います。

 

 

私自身、この新形式精選模試リーディングもTOEIC対策をしていた時に使っていました。

その際の感想やレビューを記事にまとめています。興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

【難しい?】新形式精選模試リーディング2をTOEIC800点Overの私が徹底レビュー!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、TOEIC長文対策に焦点を合わせて勉強方法を紹介してきました。

簡単に勉強方法の要点をまとめると、

 

長文の勉強方法

  • 単語を覚える
  • 時間通りに問題を解く
  • 答え合わせの前に時間無制限で同じ問題を解く
  • 答え合わせをする
  • 分からなかった問題を分析・調べる
  • 調べて分かったことをノートにまとめる
  • ノートに書いたことを定期的に復習する

 

このような感じです。

この勉強方法を実行することで、あなたのリーディングのスコアがかなり上がることが期待できます。

そして、長文をあなたの強みにすることも大いに可能です!

私自身もこの勉強方法でTOEICのリーディングでは、400点を超えることが出来ました!

ぜひ皆さんも、長文を強みにして目標スコアを達成して頂きたいなと思います!

参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

Koki

21歳 IELTS(Academic)Overall6.0(2020年9月) TOEIC825点(2020年11月) ニュージーランドで1年間語学留学を経験。 2021年9月からニュージーランドの大学に復学予定。

-TOEIC, まとめ・ランキング記事, リーディング, 技能別

© 2021 コウキのe-Life Powered by AFFINGER5