ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

TOEIC TOEIC700点 まとめ・ランキング記事 スコア別

【まとめ記事】TOEIC700点を達成するリーディングの勉強方法を紹介!

こんな方はいらっしゃいませんか?

  • TOEIC700点を目指している方
  • 中々TOEIC700点に届かない方
  • リーディングが苦手な人

 

まず初めに、TOEIC700点を達成するためにはリーディングの対策は不可欠です。

しかし、具体的にどのようにリーディング対策を行うべきなのかが分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで今回は、TOEIC700点を達成するためのリーディング勉強法をパートごとに紹介していこうと思います。

勉強法が中々決めきれない方やリーディングのスコアが中々上がらないという方は、

必見の記事となっていますので、ぜひ!最後までご覧ください!

 

 

TOEICリーディングパートの概要

 

TOEICのリーディングは3つのパートに分かれています。

Part5 文法問題 30問
Part6 長文穴埋め問題 16問
Part7 長文読解 54問

 

このように分かれています。

そして、試験時間は75分となっています。

 

Part別の対策方法

 

それでは早速、それぞれのパートのポイントや対策法を紹介していこうと思います。

 

Part5の対策

 

Part5は、短い分の問題が出題されます。そこでは、文法力と語彙力が求められています。

TOEIC700点を目指すなら、このPart5では高得点を取得することが条件となります。

というのも、この後の長文読解は難易度が高く、時間が足りなかったりする場合がありますので、

比較的簡単なPart5で得点を稼いでおくという戦略ですね。

 

気になる時間配分なのですが、遅くても15分以内にPart5を解き終えましょう!

そうすることで、長文読解に費やす時間が増えて、長文読解で点を取りに行くこともできます。

 

勉強法としまして、TOEICの文法問題を専門的に取り扱っている問題集を使って勉強することがおすすめです!

文法問題の参考書で勉強することによって、文法問題の特徴や解き方が段々分かってきます!

 

参考書の例としまして、『でる1000問』を使うのも良いですし、『文法特急』を使って勉強するのもいいでしょう!

この2つの参考書は、TOEICの文法問題に焦点を当てて作られている参考書なので非常におすすめです!

 

ちなみに私自身は、でる1000問を使っていました。

その際のレビュー記事とでる1000問の使い方をまとめた記事がございますので、

文法問題の勉強法やでる1000問がどのような参考書か気になるという方は、下の記事も一緒にご覧ください!

【最強の参考書!】TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問をレビュー!

【分からない方必見!】TOEIC 文法問題でる1000問の使い方をTOEIC800点Overの私が解説!

 

 

そして、Part5の勉強法を詳しくまとめた記事もございます。

文法が苦手という方や文法の勉強法をもっと詳しく知りたいという方は、

ぜひ!下の記事も一緒にご覧ください!

TOEIC文法を完全攻略!最強の勉強法とおすすめ参考書も一気に紹介!

 

Part6の対策

 

Part6では、長文を使った穴埋め問題が出題されます。

形式はPart5と似ていますが、16問のうち5問は、文脈をつかみ意味の合う長文をカッコの中に入れる問題が出題されます。

この文脈問題が結構な難問となっています。

この難問を攻略するには、日ごろから単語学習を行っておくことに加えて、模試などの実践問題で慣れておく必要があります。

この文脈問題が難しいと感じる方は、それ以外の選択氏が難しい問題を全問正解して11問とりに行くのもひとつの戦略だと思います。

 

時間配分としまして、Part6は5~8分で解くことができればいいでしょう。

このPart6で時間を使うよりも、この後のPart7で時間を使う方がいいかと思います。

ぜひとも意識してみてください!

 

対策法としまして、実際の模試形式の問題集を使って勉強することをおすすめします。

私がおすすめする模試は、公式問題集です!

この公式問題集では、本番形式の模試が解くことができますし、公式が作っているということで、最新の傾向をつかむことができます!

この公式問題集の詳しいレビューを書いた記事もございますので、

公式問題集に興味がある方は、ぜひとも下の記事をご覧ください!

【TOEIC】公式問題集7を実際に使ってレビューしてみた!

 

 

Part7対策

 

Part7では、長文読解の問題が出題されます。上記でも紹介していますが、

54問もの問題を解かないといけないです。なので、TOEICの中で一番ハードなパートでもあります。

 

さらに、Part7は2つの問題に分けられています。それは、

  • シングルパッセージ(29問)
  • ダブル・トリプルパッセージ(25問)

この2つに分かれています。

シングルパッセージは、1つの文章を読んで問題を解いていきます。

それに引き換え、ダブル・トリプルパッセージは、2つもしくは3つの文章を読んで問題を解いていきます。

もちろん、難易度の高いのはダブル・トリプルパッセージになります。

 

TOEIC700点を取りに行くならば、このPart7の攻略は必須と言ってもいいでしょう。

特にシングルパッセージでは、なるべくたくさんの得点を取っておきたいところです。

さらに、シングルパッセージの方が問題数が若干多いです。なので、できるだけ早く問題を処理してこの後のダブル・トリプルパッセージに時間を残していくのがおすすめの戦略となっています。

 

皆さんが気になるであろう、Part7で必要な能力な、

  • 慣れ
  • 早く英文を処理する能力

この2つです。

TOEICは時間との勝負と言っても過言ではありません。

なので、日ごろの学習から公式問題集などの模試の問題を使って速読の練習をしつつ問題形式に慣れ、文章中の単語の意味を一瞬で思い浮かべるような練習を行うのをおすすめします。

 

さらに、Part7に関して詳しい勉強法をまとめた記事もございます!

Part7が苦手という方や長文読解を武器にしたいという方は

ぜひ!下の記事も一緒にご覧ください!

【これで完璧!】最強のTOEIC長文対策をTOEIC800点Overの私が紹介!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、TOEIC700点を達成するリーディングの勉強方法を紹介してきました。

TOEIC700点は、努力次第で達成することができます!

さらに、TOEIC700点を取ることによって、周りの人から英語が出来る人という印象を与えることができます!

ぜひ!今日からTOEIC700点を目指して勉強を始めていきましょう!

 

この記事が参考になったと思って頂けたら、ぜひ!この記事をシェアして頂けると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人

Koki

21歳 IELTS(Academic)Overall6.0(2020年9月) TOEIC825点(2020年11月) ニュージーランドで1年間語学留学を経験。 2021年9月からニュージーランドの大学に復学予定。

-TOEIC, TOEIC700点, まとめ・ランキング記事, スコア別

© 2021 コウキのe-Life Powered by AFFINGER5