ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

TOEIC まとめ・ランキング記事 リスニング 技能別

海外大学生がTOEICや英検のリスニングで役立つシャドーイングのやり方を徹底解説!

こんな方におすすめ

  • シャドーイングって何?と思っている方
  • シャドーイングのやり方がイマイチ分からないという方
  • TOEICや英検、IELTSといった資格試験のリスニング試験で高得点を取得したいという方

 

英語学習をしている方の中で、やたらと「シャドーイング」がかなり流行っていますし、リスニング力を上げるためにすべき勉強法と調べると、

「シャドーイングをするべきだ」

と散々言われます。

しかし、英語初心者の方を中心に上のような問題点を抱えている方がいるのも事実です。

私自身も英語を勉強し始めた時に、シャドーイングなんて何が何だかわからなかったという経験がございます。

 

そこで、過去の私のように悩んでいる英語学習者さんに役立てたり、リスニングの勉強法に関しても問題点を解決ずべく

今回の記事では、現役海外大学生である私が「シャドーイングのやり方」を詳しく解説していこうと思います。

このシャドーイングを行う事で、IELTS Academicという英語の試験では、Overall6.0を取得できましたし、TOEICでは825点を取得する事ができました!

 

効果的なシャドーイングのやり方やリスニング力を伸ばしたいという方は

ぜひ!この記事を最後までご覧ください!

 

 

そもそもシャドーイングとは?

 

シャドーイングは、影(Shadow)のように、音声より少し後に遅れて音声と同じように発音する勉強法です。

このシャドーイングという勉強法は、リスニング力を鍛えることはもちろんできますし、英語脳を構築することにも非常に有効な勉強法です。

 

 

シャドーイングをすることによって得られる効果

 

シャドーイングをすることによって得られる主な効果は、

 

  • 英語を英語でとらえることができるようになる
  • 正しい単語の発音法
  • 英語を話すスピード・リズム

 

主にこの3点の効果を得ることができます!

特に、英語を英語でとらえることができるようになると、わざわざ「understandは理解するという意味だ」のように脳内で変換する必要がなくなりますので、素早く英語を理解することができます!

これができてくると、英語の資格試験のリスニングの問題を解きやすくもなりますし、実際の英会話でも素早く英語を理解し返答できるようになります!

 

では、どのようにシャドーイングを行うと効果的なのでしょうか?

 

次の段落では、効果的なシャドーイングのやり方を紹介していこうと思います!

この方法は、私自身もシャドーイングを行うときにそのままやっています。

このシャドーイングを行うことで、TOEICでは825点、IELTSでは6.0を取得することができました!

 

TOEICや英検などの資格試験のリスニングセクションで高得点を取得したいという方や英語を英語でとらえれるようになりたいという方は、

ぜひ!この続きもご覧ください!

 

 

シャドーイングの手順を徹底解説!

 

シャドーイングの手順その1=英語の音声を用意する

 

当たり前かもしれませんが、まずは英語の音声を用意しましょう!

正直、教材はなんでも良いです!自分のレベルに合ったものや、資格試験の音声を利用するのが代表的かと思います。

 

 

シャドーイングの手順その2=まずは音声を聞いてみる

 

まずは、実際に音声を聞いてみましょう!

この際にスクリプトや辞書を使わなくて大丈夫です。

何もない状態で、今どのくらい理解できるのか試してみましょう!

 

 

シャドーイングの手順その3=スクリプトを確認する

 

音声を聞いた後に、スクリプトを確認してみましょう!

そこで、分からなかった英単語やフレーズの意味を確認したりして、スクリプトなしで聞いた時の理解していた内容とスクリプトを読んだ時の内容を比べてみましょう!

この手順がものすごく大事です!

 

 

シャドーイングの手順その4=スクリプトを見ながら音声を聞いてみる

 

単語やフレーズの意味を知った上で、スクリプトを見ながら音声を聞いてみましょう!

その際に、その分からなかった単語やフレーズがどのように発音されているのかを確認してみましょう!

 

 

シャドーイングの手順その5=スクリプトを見ながら音声と一緒に英語を読んでいく

 

ようやくここで、英文を読んでいきます。

ここでのポイントは、音声と同じ発音・リズムで英文を話せるようになることを目標にしていきましょう!

回数にして約10回程度音声と一緒に英文を話していきましょう!

10回も音声を同じように話すと、かなりリズムもそれっぽくなってきますし、発音も良い感じに真似ることができるようになってきます。

 

 

シャドーイングの手順その6=スクリプトを開けておいてシャドーイングを行う

 

ここでシャドーイングのステップに入っていきますが、まだスクリプトは開けておきましょう。

もしシャドーイングをやっている際に単語の意味や発音がわからないとなったら、その開けてあるスクリプトを見て確認しましょう!

 

 

シャドーイング手順その7=スクリプトなしでシャドーイングを行う

 

ここが最終ステップです。最終ステップでは、スクリプトを見る事なくシャドーイングを行なっていきます。

この段階で確認してほしい内容があります。それは、

 

  • 意味を完全に理解できているかどうか
  • 自分が話している発音と音声の発音が同じかどうか

 

この2つを確認していただきたいです。

この2つをチェックして完璧となれば、シャドーイングは完了となります!

 

 

最後に注意点

 

最後に注意点なのですが、単語の意味を調べたり単語の発音を調べたりする「準備段階」を怠らないようにしましょう!

この準備を怠ることで、最後のスクリプトなしでシャドーイングを行う際にスムーズに進むことが出来なくなりますし、間違った知識が身に付く恐れがありますので、準備は入念にしておきましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、シャドーイングのやり方を手順を踏まえて紹介してきました!

シャドーイングの手順を簡単に要約すると、

シャドーイングの手順まとめ

  • 音声を用意する
  • 何もなしで音声を聞いてみる
  • スクリプトを確認してわからない単語の意味・発音を調べる
  • スクリプトを見ながら音声を聞く
  • スクリプトを見ながら実際にその英語を話してみる
  • スクリプトを開けておいてシャドーイングを行う
  • スクリプトを閉じて何もなしでシャドーイングを行う

 

このようなステップで行なっていきましょう!

シャドーイングは、リスニング力をつける上で重要かつ効率的な勉強法です。

先ほども紹介しましたが、シャドーイングを行うことで英語を英語でとらえることができる「英語脳」を身につけることが出来ますし、正しい発音も身につけることもできます!

TOEICや英検などの資格試験のリスニングで点を取りたいという方や、英語脳を身につけて英会話で素早く意味を理解したいと言う方は、

ぜひ!このシャドーイングを行なってみてください!

 

  • この記事を書いた人

Koki

21歳 IELTS(Academic)Overall6.0(2020年9月) TOEIC825点(2020年11月) ニュージーランドで1年間語学留学を経験。 2021年9月からニュージーランドの大学に復学予定。

-TOEIC, まとめ・ランキング記事, リスニング, 技能別

© 2021 コウキのe-Life Powered by AFFINGER5