ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

IELTS対策 まとめ・ランキング記事

【IELTS対策】3ヶ月でライティングスコアを5.0→6.0に上げた勉強法を紹介!

こんな方はいらっしゃいませんか?

  • IELTSのライティングで6.0を取ることを目標にしている方
  • IELTSのライティングが5.0から中々伸びないという方
  • IELTSのライティングセクションのスコアを短期間で上げたいと考えている方

IELTSのライティングは日本人も含め世界中の人が最も苦手とするセクションとなっています。

事実、日本人のIELTSのリーディングセクションの平均点は約6.0なのですが、

ライティングセクションになると平均点が5.3まで下がってしまいます。

Koki
かなりIELTSではライティングがスコアが出にくいということが分かりますね…。

 

では、どのように勉強・対策をすることによってIELTSのライティングで平均点以上、もしくは6.0を達成することができるのでしょうか?

 

今回の記事では、

私自身がIELTS Academicのライティングスコアを3ヶ月で5.0から6.0に上げることができた勉強法を紹介していこうと思います!

Koki
私が実際に行ってきたライティング対策で効果があった方法のみを厳選して紹介していきますよ!

IELTSの試験本番まであまり時間がないという方や上のような悩みを抱えている方は、

ぜひ!最後までこの記事をご覧ください!

あわせて読みたい

 

 

【前置き】そもそもIELTSのライティングってどんなもの?

 

IELTS(Academic)のライティングは、2つのタスクに分かれています。

タスク1は、図や表、地図などを見て主な特徴を述べたり比較して内容を要約する問題となっています。

文字数は150語以上書く必要があります。

 

一方タスク2では、問題に対して自分の意見を述べたりその理由や例を述べたりなどする問題となっています。

いわゆる「エッセイ」というものです。

文字数は250文字以上となっていますので、タスク1よりもかなり書く量が増えますね。

 

制限時間は両方のタスク合わせて60分です。

時間配分は特に指定はありませんので、自分がにぴったりな時間配分を見つけることをおすすめしますよ!

ちなみに、タスク1が20分でタスク2が40分くらいと言うのが一般的だそうです。

ざっくりと言うとIELTSのライティングではこのような感じの問題が出題されます。

 

では早速、私は具体的にどのようなライティング対策を行ったかを紹介していこうと思います。

 

効果的だったIELTSライティング対策を紹介!

 

結論、以下の3つのライティング対策がかなり効果的でした!

効果的だったライティング対策

  • ライティングノートを作成する
  • モデルアンサーを読む
  • テンプレート(型)を覚える

この3つです。

え?この3つだけ?と思っている方も中にはいるでしょうが、

この3つを完璧にこなすだけで、IELTSのライティングで6.0に到達することは十分可能です!

最低でもライティングスコア5.5には到達させることはできるでしょう!

では早速、この3つの対策法の詳細を紹介していこうと思います!

 

 

対策法その1=ライティングノートを作成

 

まずはライティングノートというものを作成しました!

ライティングノートとは、モデルアンサーやライティングの参考書を使っていく中で出てきた表現や語彙をまとめるためのノートのことを言います。

正直に言うと、このライティングノートを使うことでIELTSのライティングスコアが1.0上がったと言っても過言ではありません。

このライティングノートを駆使することによって、ライティングに必要な語彙力や便利な表現を覚えることができました!

なので、エッセイでの表現の幅がかなり増えたと思います。

当然のことですが、覚えていない表現をテスト本番で使うことは不可能と言っていいです。

1つでも使える表現を増やすために、このライティングノートを使うことを強くおすすめしますよ!

Koki
インプットをしていないと、もちろんアウトプットができないです。

ライティングでは表現を覚えることがかなり重要ということが分かりますね!

日頃の勉強から「実際に使える」と言うところを目標にすることをおすすめします!

 

 

対策法その2=モデルアンサーを読む

 

モデルアンサーを読み込むことは、スコアアップするためにはかなり大事になってきます!

モデルアンサーをしっかり読むことによって、

モデルアンサーを読むメリット

  • IELTSライティングの書き方が分かる
  • 使えそうな表現を勉強する良い機会になる
  • レベル感が分かる

この3つのメリットを享受することが出来ますよ!

私の経験なのですが、モデルアンサーはIELTSライティングでの表現の宝庫となっている場合がかなりありますので、

IELTSの勉強を始めたばかりという方や表現の幅が狭くて困っている方にはとてもおすすめの勉強法ですよ!

ぜひ!モデルアンサーを読み込むことをおすすめします!

Koki
モデルアンサーで出てきた「使えそうな表現」を先ほど紹介したライティングノートにまとめると効果的です!

自分は毎回ライティングノートにメモしていましたね!

 

モデルアンサーの件なのですが、IELTS公式問題集に掲載されているモデルアンサーは見にくいと思いますので、

「IELTS スピーキング・ライティング完全攻略」という参考書のモデルアンサーを参考にすることをおすすめしますよ!

Koki
この参考書は、ライティングの勉強を行うことももちろん可能ですが、

同時にスピーキングの対策もできますのでとてもおすすめの参考書となっていますよ!

ぜひ!チェックしてみてください!

 

 

対策法その3=テンプレート(型)を覚える

 

IELTSのライティングセクションで7.0以上のハイスコアを目指している方にはおすすめできない方法なのですが、

6.0付近を目標としている方にはテンプレートを覚えることをおすすめします!

テンプレートを覚えるメリットとしまして、

テンプレートを覚えるメリット

  • 構成を考える時間をかなり省くことができる
  • 最低限必要な文字数を達成しやすくなる

この2つのメリットがあります。

IELTSのライティングではアイデアを出した後に英語で文章を書く必要がありますので、

かなりの時間が必要ということが分かります。

テンプレートを予め覚えておくことで、構成・型を考える時間を省くことが出来ます!

すなわち、正しい英文を考える時間やいいアイデアを考える時間が多くなるということです。

ライティングのスコアが4.5付近で伸び悩んでいるという方は、テンプレートを覚えてみてはいかがでしょう?

 

このブログでは、IELTS本番で使えるテンプレート集を問題別に随時更新しています!

テンプレートを覚えてライティングのスコアを上げたいと考えている方は

ぜひ!以下の記事も参考にしてみてください!

タスク1 グラフ問題のテンプレートはこちら

【IELTS対策】ライティングタスク1のグラフ問題で使えるテンプレートを海外大学生が大量にまとめます!

続きを見る

タスク1 マップ問題のテンプレートはこちら

【IELTS対策】ライティングタスク1のマップ問題で使えるテンプレート・表現を海外大学生が紹介!

続きを見る

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回の記事では、私自身がIELTS Academicのライティングスコアを3ヶ月で5.0から6.0に上げることができた勉強法を紹介してきました!

簡単にこの記事をまとめると、

この記事の要約

  • 対策方法その1=ライティングノートを作成する
  • 対策方法その2=モデルアンサーを読み込む
  • 対策方法その3=テンプレート(型)を覚える

このような内容でした!

IELTSのライティングは、IELTSのセクションの中で1番難しいですし点数も1番出にくいです。

でも、しっかりを上で紹介した対策をすることによって6.0くらいは目指すことが出来ます!

ぜひ!皆さんも今回紹介したライティング対策を参考にして

目標に向かってライティング対策を頑張っていきましょう!

 

  • この記事を書いた人

Koki

21歳 IELTS(Academic)Overall6.0(2020年9月) TOEIC825点(2020年11月) ニュージーランドで1年間語学留学を経験。 現在はニュージーランドの大学に在学中。

-IELTS対策, まとめ・ランキング記事

© 2021 コウキのe-Life Powered by AFFINGER5