ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ・ランキング記事 教材レビュー

ATSUさんの英単語帳「Distinction2000」はおすすめできる?実際にレビューしてみた!

こんな方はいらっしゃいませんか?

  • Distinction2000を使ってみての生の感想を聞いてみたい
  • Distinction2000ってどんな参考書なの?って思っている
  • 英語中級者がDistinction2000を使うとどうなったのか知りたい!
  • Distinction2000って誰向けなの?

 

2020年の5月初め頃に、ATSUさんの「Distinction2000」という単語帳を購入しました。

というのも、海外大学に入学するために「IELTS6.0」を取らないといけなかったのですが、

個人的に基礎の英語力が足りていないとつくづく感じましたので、この単語帳を購入するに至りました。

その当初の私の英語力は、IELTS4.5とTOEIC650点でした。

そこから約4ヶ月間、IELTSの本番までこのDistinction2000を使っていました。

使用度合いとしまして、10周くらいしたのかなと思います。

だからこそ、Distinction2000に対して感じたことがたくさんあります。

 

では実際どのような参考書だったのでしょうか?

 

今回の記事では、このDistinction2000を実際に使ってみてのレビュー記事を書いていこうと思います!

そして最後に、私が思うDistinction2000を使うべき人物像を勝手に述べていこうと思います!

上のような悩みを抱えている方に役立つかと思いますので、

ぜひ!最後までご覧ください!

 

 

実際いい参考書なの? 早速結論を言います!

 

結論、英語中級者全員におすすめできる単語帳です!

私自身、約4ヶ月間Distinction2000を使うことでIELTS6.0を達成し、その2ヶ月後にTOEIC825点を取得できました!

と言われても、どの点がいいからおすすめなのか分からないと思いますので、

Distinction2000の良かった点を紹介しようと思います!

 

 

その前にデメリット

 

まず初めにデメリットを紹介しようと思います。

デメリットとしまして、情報量が多いということがデメリットになるかと思います。

というのも、受験生のように英語の勉強だけにフルコミットできない人がいる思いますので、この点を上げさせていただきました。

Distinction2000は単語の意味だけでなく、実用的な例文や反義語や同義語などの知識が多く含まれています。

なのでつまり、スピーディーに単語帳を回すということは難しいかと思います。

そのような方は、ターゲットのような1単語につき1つの意味が書かれている単語帳を選ぶのをおすすめします!

そちらの方が単語を勉強する上でもモチベーションが続くと思いますし、挫折が少なくなるかと思います。

 

 

それではここからは、Distinction2000を実際に使ってみて良かったところを紹介していこうと思います。

 

 

Distinction2000を使ってみて良かった点を紹介!

 

良かった点その1=復習する周期を記している

 

単語を勉強する上で「復習」という過程はものすごく大事ということはわかっているかと思いますが、

実際にどのような頻度で行えばいいか分からないという方がたくさんいらっしゃるかと思います。

そのような方におすすめなのが、ATSUさんが単語帳の中に書いている復習周期表です。

ATSUさんはこの復習周期のことを「Active Recall」と言っています。

この「Active Recall」を使うことによって、単語学習がより効率的になり英語力がより早く向上するでしょう。

私自身このActive Recallを使うことによって、理想のタイミングで復習することができました!

その結果、Distinction2000に収録されている単語を効率的に暗記することが出来たと思っています!

なので、Distinction2000を使う場合は絶対にこの「Active Recall」を利用することをおすすめします!

 

 

良かった点その2=例文が実用的

 

多くの単語帳には、単語の意味の他に「例文」が付いていることが多いのですが、

このDistinction2000の例文の実用性は半端じゃないです!

例えば、この単語帳にも掲載されている「entitled」という単語の例文が

 

Everyone's entitled to their opinion. (みんな自分の意見を持つ権利がある)

 

このようになっています。

この文をそのまま暗記しても英語の資格試験や日常生活にも使えそうですよね!

 

このように他にもかなり実用的な英文がこのDistinction2000には掲載されいます!

実用的な英語を身につけたいという方やすぐにでも使える英文や英語のフレーズを知りたいという方はベストマッチすること間違いなしです!

 

 

良かった点その3=リアルなネイティブスピーカーの音声が収録

 

このDistinction2000には本当にリアルなネイティブスピーカーの音声が収録されています。

どのあたりがリアルかと言いますと、「話すスピード」です。

ナチュラルスピードの音声はかなり早いと感じる方が多いかと思います。しかし、事実このくらいがネイティブスピーカーの普通くらいなのです。

私自身も最初は全然聞き取れなかったことを鮮明に覚えています。

でも、Distinction2000で勉強を重ねているとスピードに慣れてきます!

そのスピードに慣れておくと、英検やTOEICなどのリスニングの音声のスピードは遅く感じることでしょう。

という点から、リアルなネイティブスピーカーの話すスピードを体感したいという方や早い音声でリスニング対策をしたいという方にはおすすめですね!

 

 

良かった点その4=英語中級者には手応えのある単語量・レベル

 

 

Distinction2000は、英語中級者や大学受験を控えている方にとってはかなりやりごたえがある単語帳となっていました!

というのも、Distinction2000には文字通り見出し語だけで2000語の単語が収録されていますし、単語のレベルも私立の難関大学くらいのレベルには余裕で対応しているくらいのレベルに感じました。

なので、英語中級者が英語上級者になるための架け橋的な存在になりゆるだろうと思いました!

今現段階で難関の私立大学や国立大学の受験を考えている方などにおすすめできる単語帳だと思います!

 

 

良かった点その5=イラストが付いているのでイメージしやすい

 

Distinction2000にはイラストが付いていますので、英語をイメージで覚えることが出来ます!

これをこなしていくことで英語を英語でとらえることが出来るようになります!

英語上級者にステップアップすると、英語を日本語で理解する工程はかなりロスだと思いますので、

今のうちに英語を英語でとらえる練習をしておくことをおすすめします!

 

 

Distinction2000を使うべき人物像

 

私なりに、Distinction2000を使うべき人物像をまとめてみました!

Distinction2000はこんな方におすすめ

  • 実用的な英単語帳を求めている方
  • 英語中級者の中で英語基礎を見直したいという方
  • 英検やTOEIC対策を行いたいという方
  • 難関私立大学や国立大学を英語を武器にして受験したいという方
  • ネイティブスピーカーのリアルなスピードでリスニング学習を行いたいという方

 

このどれかに当てはまる方は、このDistinction2000を購入して英語学習を進めていくことをおすすめします!

Distinction2000は、書店でも販売していますしAmazonや楽天などでも販売しています。

ぜひ!手に取って英語学習を行なっていきましょう!

 

 

 

  • この記事を書いた人

Koki

21歳 IELTS(Academic)Overall6.0(2020年9月) TOEIC825点(2020年11月) ニュージーランドで1年間語学留学を経験。 2021年9月からニュージーランドの大学に復学予定。

-まとめ・ランキング記事, 教材レビュー

© 2021 コウキのe-Life Powered by AFFINGER5